超高濃度ビタミンC点滴療法・キレーション点滴療法による予防医療・アンチエイジング(若返り)・癌(がん)予防のスピックサロン・メディカルクリニック

SPIC





HOME > 診療メニュー > 点滴療法 > グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法によるパーキンソン病の治療

グルタチオン点滴療法

パーキンソン病について

パーキンソン病は日本では、人口10万人あたり約100人の有病率であり、65歳以上では人口10万人あたり約200人と推定されています。

 

パーキンソン病の典型的な症状

・手足のふるえ(振戦)、硬直、動作緩慢や姿勢の異常 ・振戦は静止時に強く、運動時には軽減する ・動作が緩慢となり、歩行時の第一歩が出にくくなり、椅子からの立ち上がりなどが困難 ・病状が進行すると歩行時の姿勢は前かがみで、小刻みな歩行となる ・さらに進行すると嚥下障害も出現しベッドで寝返りを打つことも困難

パーキンソン病の標準的な治療

パーキンソン病は大脳基底核の線条体という部位でのドーパミンの不足が原因であることが判明しており、これに基づきL-dopaというドーパミンを補うようなお薬を使う治療が現在のパーキンソン病に対する標準治療となっています。しかしながらL-dopaの効果は一時的であり、L-dopaにより活性酸素の産生が増加し病気の進行を早めるという警告もなされています。

パーキンソン病とグルタチオン

グルタチオンは脳にとって最も重要な抗酸化物質の一つであり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っています。パーキンソン病患者の脳内において、この重要な物質であるグルタチオンが減少していることが分かっています。

この事実をもとに、イタリアのSassari大学のチームが実際にパーキンソン病患者に グルタチオンを点滴投与したところ症状の著名な改善が認められました。米国においてはDr.Perlmuterがこの治療法を積極的に行い非常に有効な治療であると報告しています。そして、現在では南フロリダ大学において臨床研究が進行中です。

グルタチオン点滴療法

日本では既に40年以上も前からグルタチオンを自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用していました。副作用も非常に少ない、安全率の高い医薬品で、薬の副作用の治療に使われることもあるぐらいです。なお、米国では抗がん剤の副作用による指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動 脈硬化症など様々な疾患の治療に使われています。

 

パーキンソン病の場合に、1回800mgから始めて徐々に増量、通常は 1400-1600mgを点滴で投与します。この投与量は通常投与量の数倍になります。頻度は週に2〜3回、約3ヶ月間行います。病状の改善が認められれ ば、その後は維持プログラムとして週に1〜2回のペースで治療します。1回の点滴時間は約30分です。パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することができます。有効率は40〜60%で、劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。

 

パーキンソン病患者への投与例
点滴料金 1回 15,000円
投与期間 1クール(3ヶ月) 1回の点滴量 800cc〜徐々に増量し通常は 1400-1600mg 点滴時間 約30分
点滴回数 週2〜3回 病状の改善が認められたら週1〜2回 点滴料金 1回 10,000円

スピックサロン・メディカルクリニックにご興味のある方は、まずは 初回診療 がおすすめです

スピックサロン・メディカルクリニックにご興味のある方はこちらから

超高濃度ビタミンC点滴療法の第一人者である柳澤総院長が1時間診療いたします。
術後の予防について相談したい、癌(がん)の転移が心配等のご相談も承ります。
料金は10,000円です。
※時間の都合上、1日2名までとさせていただいております。 ※セカンドオピニオンのみをご希望の方も受け付けております(料金 30,000円)
初回診療お申し込みはこちらから
ページTOPへ